業務内容

株式会社大幸建設は仮設工事のプロフェッショナルとして、さまざまなご要望にお応えできます。大型マンションや店舗などさまざまな建物の仮設足場の組み立て・解体から設備機械の移動・据付、土木工事まで幅広く業務を行なっております。

仮設工事一式(鳶足場)

くさび式・枠組み・単管・支保工・先行足場など、あらゆる工法の足場工事に対応いたします。この仕事は、単に高所作業を行なって足場を設置するだけではありません。設置場所の状態や作業性、足場解体時の効率など、その場に応じて的確に判断して組み立てることが求められます。株式会社大幸建設なら、豊富な現場経験で培ったノウハウをもとに現場に合わせた最適な工法を選び、確実・丁寧に施工いたします。
足場は建物の完成後には撤去されるため「仮設工事」に含まれますが、そのでき具合が作業員の方々の安全な作業や建物の品質に大きく影響します。そのため弊社では工期を厳守しつつ、一切の妥協を許さぬ施工を徹底しています。
そのほか、弊社では仮囲いや仮設トイレなど、工事中に必要となるさまざまな設備の施工も承っております。どうぞお気軽にご相談ください。

足場工事の詳細

● 枠組み足場

中層から高層にかけての比較的大規模な建設現場において組み立てる仮設足場のひとつです。弊社は一般的な建築物はもちろんのこと、あらゆる現場においてもスムーズに対応できる実績や経験を積んでいます。

● 単管ブラケット足場

単管と呼ばれる鉄パイプを組み合わせて構築する足場です。縦・横ともに幅をある程度自由に決められることから、建物同士の間隔が狭い場所に足場を設ける際に有効です。

● 吊り足場

橋や高架橋の下が川あるいは道路になっていて足場を設置できない場合は、上から吊り下げるようにして構成する吊り足場が用いられます。主に橋梁や高架橋などの建設工事、補修工事に適しています。

● 棚足場

天井工事など一度に広い面積の場所に手を加える際に用いられる棚足場は、高所にそのまま床を形成するもので、施工範囲を自由に歩き回れるため、作業効率が高いというメリットがあります。

● 手摺先行足場

足場は架設時の事故が一番多いため、安全対策のひとつとして手摺先行型足場を使うことで落下事故を未然に防ぐことができます。

● 次世代足場 Iqシステム

単管パイプやクランプをほとんど使わずに組めるので、時間が掛からず効率的。足場の段差やすき間がないので歩行しやすく、工具や小物などを落とす心配がないので安心です。

● 型枠支保工

コンクリートが崩れないよう形を保持するために行ないます。橋・トンネル・道路・ダムなど建造物にコンクリートを打設する際、その内圧に耐えられるように型枠を支えるための仮設設備です。

● 仮囲い

関係者以外の立ち入りを防いだり、工事で発生する騒音・粉塵などが現場から外に出ることを防いだり、現場周辺の景観を保ったりと、周辺環境の向上のために行ないます。

● 敷鉄板

軟弱地盤などで、仮設道路がわりに地面に敷き並べる鉄板です。作業場の路面養生、作業資材置場、仮設駐車場、工事現場の資材搬入路の確保、杭打工事、重機作業の足場確保など、工事施工のあらゆる現場に使用されています。